Skip to content

セラミド化粧水の機能性と配合濃度や成分記載表順列

セラミドは人の皮膚の中にあり全身に存在しています。

主な役割は肌を乾燥させないように保護をする、エラスチンやコラーゲンと共に働いて老化を防ぐ、細胞の衰退を避けるのが特徴的です。化粧水に配合してある製品を使うと保湿効果を得られますが、グリセリンや糖質(グルコースやラフィノース)、ハチミツよりも機能性が高いのはメリットとなります。

乾燥肌に特効を示しますから、極度の乾燥に困っている人には使いやすいと言えます。化粧水に配合している機会は、近年において増していますが、濃度にはバラつきがあります。一例ですが、100ml入りの化粧水にセラミドを添加するのは、5%の時もあれば、20%の場合も否定出来ません。成分記載表には配合してある物は記載してありますが、濃度や添加している量の記載はないのが問題点です。よって、セラミド配合化粧水を使う場合に何%か判明できないところがあります。

なるべく多くのセラミドが配合されている化粧水を使いたいなら、成分記載表の順列を見るべきです。医薬品は順列を無視できますから、配合の順番を見ても推測はできないと言えます。しかし、通常の製品なら先頭に来ている成分が一番多く、次に記載されている成分が二番目に多く添加されています。順を追って配合率は低くなっていきますが、配合量が多い順にきちんと記載しているのが特徴的です。セラミドが先頭や二番目に来ていれば、配合量は多い可能性があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *