Skip to content

美容外科で行われる施術について

美容外科で行われる施術には大きくわけて3つで、「手術」と「レーザー」「注射」です。

手術は、豊胸手術や脂肪吸引、顔の整形やわきが対策などで麻酔を使った施術になります。美容外科の手術は、入院が必要な本格的なものもありますが、ほとんどが日帰りで受けることができる短期間のものが多いです。身体にメスをいれる手術でも、通常の外科手術とは違い、なるべく傷跡が目立たないように行うのが美容外科の特徴です。次にレーザーを使用した施術としては、顔のシミやあざなどを消すレーザー治療や、毛穴にレーザーを照射することで毛の根元の細胞を破壊して、毛を生えなくさせる永久脱毛などで使用されることが多い施術です。

レーザーでの永久脱毛は、医療機関でないと使用できないことになっているため、エステサロンでは行えないのが特徴です。注射を使用したものでは、バストアップやほうれい線をなくしたり、顔のハリを取り戻したいときによく使われる施術です。施術が短期間で済むうえ、傷跡が残らないのが魅力です。

美容外科で行われる施術のほとんどが、健康保険適用外になるため金額が高額になりやすいです。手術の場合は、50万から100万ぐらいかかるケースもあります。病院が自由に施術の料金を決めることができるため、同じ施術内容でも金額の差があることが多いです。そのため、美容外科の治療を受けようと考えているときは、施術の平均的な相場の額を調べておいたほうがよいです。
わきがと多汗症の治療のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *