Skip to content

ニキビ治療にはホルモン療法という方法があります

ニキビに悩んでいる人は多いと言えますが、治療を受けるためには皮膚科や美容皮膚科の診察を受けることになります。

それぞれの人の症状に合わせて選択するべき診療内容というものは異なってくるものですので、治療に関してはこの方法が最も良いということが難しいものとなります。外用薬を使用しないニキビを改善させるための方法としては、ホルモン治療というものがあります。ホルモン療法は、大人ニキビに対する根本的な原因を取り除くことが可能なものとなります。女性ホルモンやそれに類似した物質を使用したホルモン剤を注入することによって、皮膚のケアを行います。

ニキビができる原因としては根本的なものとして、ホルモンバランスが崩れてしまうために男性ホルモンの分泌過多になっていることがあると考えられています。ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンの分泌が多くなると、大人ニキビになりやすくなります。男性型脱毛症ホルモンには角化細胞を増殖させることで、皮膚の柔軟性を失わせてしまう効果があります。

男性ホルモンには皮膚の分泌を過剰にさせる性質もありますので、角栓が詰まっている毛穴に皮脂が溜まりやすい環境を作りだしてしまい、その結果として皮膚の状態が悪化することにつながります。女性ホルモンには男性ホルモンを抑制させる作用がありますので、女性ホルモンの補給を行うことによって、体内のホルモンバランスを女性ホルモン優位の体質へとシフトさせることができます。類似ホルモン剤として、イソフラボンやエストロンなどの成分が含まれている薬品を使用して治療を行います。
梅田でニキビを治すのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *