Skip to content

ニキビができたら皮膚科で治療

ニキビができてしまうと無意識に触ってしまったり、鏡ばかり見たりして気になってしまうことがあります。

種類や状態によっても違ってきますが、きれいに治療するためには皮膚科を受診するのが良いです。皮膚科では症状にあわせて長期的な治療計画を立てて場合によってはいくつかの処置を組み合わせながらニキビ治療が行われます。皮膚科を受診するとまずは、出来た時期や経過、体調や生活習慣などについていくつかの質問を受けます。特別な検査などはありませんが、症状の状態によっては血液検査やホルモンバランスを調べると言うことがあります。

主にカウンセリングと薬物治療が行われます。カウンセリングではニキビができてしまう原因や洗顔方法や食生活などの生活面やケアにおける問題点などを見つけて改善方法をアドバイスしてくれます。薬が処方される場合は、その使い方なども説明があります。症状によっては専用の器具を使って取り除く処置を受けることもあります。

薬局や通販などで市販薬を利用するほうが気軽で、皮膚科を受診する億劫さもないかもしれませんが、間違ったケアをしてしまうと治っても、繰り返しできるようになってしまったり症状を悪化させてしまうこともあります。そのためまずは皮膚科を受診してみるとこが大切なのです。ニキビは肌の慢性疾患といわれ、1度の治療ではなかなか治らないものでもあります。症状によっては長期の通院が必要になることもありますが、根気よく改善していくことで完治することが可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *